宮城のニュース

<宮城県>協賛店舗で割引などのサービス 子育てパスポート19日刷新 スマホサイト開設へ

専用サイトで取得できるパスポート

 県は「いい育児の日」の19日、子育て世代が飲食や買い物で特典を受けられる「みやぎ子育て支援パスポート事業」のスマートフォン向け専用サイトの運用を始める。使いやすさを増し、子育て家庭を地域全体で支援する。

 県内の18歳以下の子どもがいる家庭が対象で、登録無料。保護者の氏名、メールアドレス、子どもの生年月日や出産予定日などを入力すると、画面上でパスポートが取得できる。パソコンで登録する場合は画面を印刷して利用する。
 協賛店舗は飲食店や塾、コンビニ、家電量販店など915店。店頭でパスポートを提示すると、割引やポイント付与、ベビーカーの貸し出しなどのサービスが受けられる。
 2008年6月に始まったパスポート事業は、利用方法が店舗で異なるなど利便性や認知度の低さが課題だった。リニューアルで店の種類や地域による検索を可能にし、店舗情報も充実させた。
 県は協賛店舗数1500店を目指す。県子育て社会推進室の担当者は「日常的に使い、子育てを応援する店舗を知るきっかけにしてほしい」と呼び掛ける。連絡先は同室022(211)2528。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年11月18日日曜日


先頭に戻る