宮城のニュース

<B2仙台>5連勝逃す 桶谷監督「負けたことより逃げた選手がいることが悔しい」

広島−仙台 第2クオーター、ドリブルで切り込む仙台・ハリス

 17日、広島県福山市の福山ローズアリーナなどで試合があり、東地区首位の仙台は西地区1位の広島に86−89で敗れた。仙台の連勝は4で止まり、通算成績を12勝4敗とした。
 仙台は第3クオーター終盤、連続9得点するなどして一時は10点以上リードしたが、第4クオーターに反撃を受け終了直前、逆転を喫した。
 4位の青森は西地区の香川に負けて6勝10敗、5位の山形は中地区の東京Zに勝って7勝9敗とした。この結果、山形が4位に浮上、青森は5位に後退した。6位の福島は中地区の信州に屈して5勝11敗となった。
 東北のチームは18日も同じ相手と戦う。

広島(15勝1敗) 89 13−18 86 仙台(12勝4敗)
             18−21
             25−29
             33−18
▽観衆 1335人(福山)

<精神面の甘さ出た/仙台・桶谷大監督の話>
 優位にゲームを進めている中で負けてしまったが、負けたことより逃げた選手がいることが悔しい。逃げているようでは話にならない。メンタルの甘さが出た。


2018年11月18日日曜日


先頭に戻る