秋田のニュース

<金足農>84年伝説の激闘回顧 元PL桑田氏招いてトークセッション

嶋崎氏(右端)が見つめる前で、野球や人生について思いを語る桑田氏(左から2人目)

 第100回全国高校野球選手権大会で準優勝した金足農(秋田)が、夏の甲子園初出場で4強に勝ち上がった1984年、その準決勝で対戦したPL学園(大阪)のエースだった元巨人の桑田真澄氏を招いてのトークセッションが17日、秋田市であった。当時金足農を率いた元監督の嶋崎久美氏もゲスト参加。34年の時を超えて再現したこの夏の雑草軍団の快進撃がつないだ縁を感じながら、両氏は思いを重ね合わせた。
 嶋崎氏はずばり「金農vsPL学園」と題しオープニングトークに立った。八回裏1死まで1点リードした局面から桑田投手に逆転本塁打を打たれ敗れた準決勝を「名もない雑草軍団が日本でトップの学校と戦える喜びで、燃えに燃えた試合だった」と振り返った。
 努力の大切さを説いた嶋崎氏からバトンを受ける形で登壇した桑田氏は、作家の石川好氏(元秋田公立美術工芸短大学長)と対談した。34年前の準決勝の逆転本塁打の際は「甲子園の神様からカーブを狙えとお告げがあった」と明かした。
 嶋崎氏が述べた努力という言葉を桑田氏も使い、「毎日コツコツと努力することが大事」と来場者にメッセージを送った。


関連ページ: 秋田 社会

2018年11月18日日曜日


先頭に戻る