福島のニュース

<わたしの道しるべ>自然深く知り、胸張ろう

◎盆栽作家 阿部大樹さん(38)=福島市

 大学卒業後に神奈川県で5年間修業して2008年から、福島市の実家の盆栽店3代目として活動しています。盆栽作りの手本は地元の吾妻山(吾妻連峰)の美しさ。木の個性を引き出すことを心掛けています。
 盆栽を大勢の方に知ってもらう取り組みも進めています。吾妻山は盆栽に使う五葉松の有数の産地。その自生地を巡った後、枝ぶりを盆栽に反映させる制作現場を見てもらうツアーを昨年から開いています。
 地元の小学校での盆栽教室は3年目。発表会で子どもたちはロックをBGMに登壇し、それぞれが作ったコケ玉を組み合わせ、一つの盆栽を完成させました。
 東北には吾妻山と同様に世界に誇る素晴らしい自然がありますが、その表面的な美しさだけを見て、歴史的、文化的な背景を知らない人が多いのは残念。
 東北の人がよく「ここには何もない」と言うのは、自然と結び付いた自分たちの「根っこ」を知らないから。根っこを知り、「ここが好きだ」と胸を張って言えるようになりましょう。


関連ページ: 福島 社会

2018年11月18日日曜日


先頭に戻る