宮城のニュース

<かほくNEWS CAFEまつり>秘密基地「新聞エアドーム」大人気 河北新報社で催し

新聞紙で作ったエアドーム内で遊ぶ子どもたち

 新聞の魅力や活用法を知ってもらおうと「かほくNEWS CAFEまつり」が18日、仙台市青葉区の河北新報社で開かれた。
 親子連れなど約1800人が来場。ニュースで「遊ぶ」「学ぶ・活(い)かす」「味わう」をテーマにした各ブースで、紙面を使ったゲームやワークショップなどを楽しんだ。
 新聞紙130枚を貼り合わせて作った「新聞エアドーム」は、秘密基地のような空間で大人気。兄弟で遊んだ太白区の長町南小5年伊深景英(けい)君(10)は「新聞紙でできているとはびっくり。広いので思いっきり動き回ることができた」と笑顔で話した。
 社内見学ツアーも実施。紙面に載せるニュースを決め、新聞として読者の手元に届くまでの流れに耳を傾けながら、職場を見て回った。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月19日月曜日


先頭に戻る