宮城のニュース

<JR東北線>白石の踏切付近で列車にはねられ成人女性が死亡 2本運休

 19日午前8時ごろ、白石市大平中目、JR東北線越河−白石間の坂谷踏切付近で、線路上に人が倒れているのを下り貨物列車の運転士が発見した。
 白石署によると、成人女性とみられ、既に死亡し、通過した列車にはねられていた。同署は自殺と事故の両面で、死因や身元などを調べている。JR東日本仙台支社によると、この影響で東北線の上下2本が運休、上下4本が最大84分遅れ、約2250人に影響した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月19日月曜日


先頭に戻る