宮城のニュース

豪雨の被災地 絵画通じ応援 仙台のウエノさん

色鮮やかな絵画が並ぶ個展会場

 7月の西日本豪雨で被災した高齢者介護施設を応援しようと、仙台市太白区の画家ウエノイチローさん(62)が青葉区のクオリティアップアローズ社でチャリティー個展を開催している。25日まで。
 会場には、ウエノさんが10年前からモチーフとしている「富士山と竜」をはじめ、大胆な筆致で色鮮やかに描いたアクリル画など約50点を展示、販売している。
 収益の一部は被災した岡山県倉敷市の小規模多機能ホーム「ぶどうの家」に寄付する。ウエノさんは「微力だが絵の力を通じて支援を長く続けたい」と話す。
 入場無料。連絡先は同社022(797)3379。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月20日火曜日


先頭に戻る