宮城のニュース

<楽天>森原「来季は1軍で投げ切りたい」100万円減でサイン

100万円減で来季契約を結んだ森原

 東北楽天は18日、仙台市宮城野区の球団事務所で森原投手と来季の契約を結んだ。

 3月に受けた右肘のクリーニング手術で出遅れた森原は100万円減となり「来年は1年通して1軍で投げ切りたい」と決意を新たにした。
 悔しさの中で成長も実感した。昨季は奪三振率4.81だったが、今季は10を超えた。平均球速が上がり「パフォーマンスは去年より良くなった」と手応えを口にする。
 9月下旬には、松井の先発起用で抑えの役割を担うこともあった。「抑えで打たれたが、その経験を生かし、来季は勝ちパターンで使われる投手になりたい。チャンスがあれば抑えもやりたい」と意気込んだ。


2018年11月19日月曜日


先頭に戻る