宮城のニュース

<B2仙台>広島に快勝 ディフェンス高い意識

広島−仙台 第2クオーター、シュートする仙台・新号(右)

 18日、広島県福山市の福山ローズアリーナなどで行われ、東地区首位の仙台は西地区首位の広島を75−60で下した。通算成績は13勝4敗。
 4位山形は中地区3位の東京Zを85−69で下し、8勝9敗。5位青森は西地区5位の香川に敗れ6勝11敗、6位福島は中地区首位の信州に負けて5勝12敗となった。
 次節は23〜25日、山形−香川、島根−青森、仙台−愛媛、山形−香川、福島−八王子がある。

仙台(13勝4敗) 75 16−12 60 広島(15勝2敗)
             10−17
             17−14
             32−17
▽観衆 2413人(福山)

<高い意識で守った 仙台・桶谷大監督の話>
 昨日よりもディフェンスに対する意識が高かった。ミラーはファウルトラブルにあったが前半我慢できた。後半は相手のファウルトラブルをつくれたし、選手がうまく遂行してくれた。


2018年11月19日月曜日


先頭に戻る