宮城のニュース

<楽天>長打力向上に意欲 6位渡辺佳と入団合意

後関スカウト(左)に帽子をかぶせてもらう渡辺佳

 東北楽天は18日、ドラフト6位指名した明大の渡辺佳明内野手(21)=180センチ、79キロ、右投げ左打ち=と東京都内で入団交渉し、契約金3000万円、年俸750万円で合意した。
 ユニホームに袖を通した渡辺佳は「これを着て活躍したい。やっと(チームの)一員になれたのかなと思う」とはにかんだ。
 今秋の東京六大学リーグで、入学時の目標だった首位打者を獲得。広角に打てる打撃が持ち味で「タイトルが自信になった。課題は長打力。来春のキャンプまでに補いたい」と語る。
 神奈川・横浜高を長年率いた渡辺元智前監督を祖父に持ち「一番長く教えてもらった。横浜高の先輩たちよりいい成績を残し、おじいちゃんはすごいと証明したい」と意欲を見せる。
 チームは今季、茂木栄五郎内野手の負傷などで遊撃を固定できなかった。後関昌彦スカウトは「1年間戦える体の強さを身に付け、遊撃手として勝負してほしい」と願った。


2018年11月19日月曜日


先頭に戻る