宮城のニュース

往時をしのび 縁側で朗読劇 仙台・旧針惣旅館

情感豊かに上演された朗読劇

 仙台市の「杜の都景観重要建造物」である若林区南材木町の旧針惣(はりそう)旅館で17、18日、旅館の往時をしのぶ朗読劇「思い出の中に、街は−旅館『針惣』ものがたり−」が上演された。
 昨年12月の指定を受け、まちづくり団体「杜の都まちなか倶楽部(くらぶ)」(斉藤衣代代表)が企画した。作は仙台市のフリーライター西大立目祥子さん、演出は同市の伊藤み弥さん。
 蔵は明治中期、母屋は1932(昭和7)年に完成した。蔵などの伝統的意匠と母屋のモダンな洋館が共存している。旅館は49〜87年に営業。女性の参政権運動などに尽力し、参院議員を務めた故市川房枝さんらが定宿にしていた。
 朗読劇では、大地主だった針生家が終戦直後、母屋と蔵を使って旅館を始め、活況を呈した様子や針生家の人間模様などを伝えた。共に仙台市の飯沼由和さんと永沢真美さんが母屋の縁側で情感豊かに朗読した。
 斉藤代表は「朗読劇が貴重な建物に関心を持ち、大切にしていく思いにつながれば、うれしい」と話した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年11月19日月曜日


先頭に戻る