宮城のニュース

<仙台満店>季節の野菜と一期一会/おかずとおやつBAN−BA(青葉区・総菜)

総菜を盛り付けてあるのは、器好きの及川さんが集めたすてきな大皿の数々。「お客さまが家で盛り付ける時のイメージも湧きやすいと思うんです」と話す
自家製塩こうじの味付けが優しい唐揚げ(3個248円)は1番人気。奥はだし巻き卵(1切れ237円)
オレンジの浮き球が描かれた立て看板が目を引く

 食卓に並べた時や頬張った時に、どこかホッとする料理。私が思う総菜のイメージはそんな感じ。それにぴたっと来るのが「おかずとおやつ BAN−BA」の品々です。
 一瞬、ケーキ店と見間違いそうな、しゃれた店構え。店内に入ると、わあ、おいしそう! 木枠がレトロなショーケースの中にきょうも目がくぎ付けです。この日は焼き魚が赤魚のかす漬けと紅さけの2種。定番の鶏の唐揚げ、だし巻き卵をはじめ、煮物、あえ物、ポテトサラダなど、和風中心の総菜が十数種類並びます。
 「野菜は主に知り合いの農家さんから仕入れてます。今も届いたばかり。ね、いい野菜でしょう?」と店主の及川みつよさん(50)。うれしそうに新鮮な大根やほうれん草、キャベツを見せてくれました。
 「素材の季節感を大事にしたい。だから野菜を見て私の作りたいものを作るの」と話す及川さんですが、でも、とちょっぴり申し訳なさそうに付け加えます。「そうすると、『この前おいしかったアレちょうだい』って言われてもないことがあるのね」。いえいえ、四季が巡る日常の食卓なら当然の事。どんなおかずに出合えるかな?という一期一会の楽しみもあるというものです。
 店の一角には、バナナケーキや、キャロットジンジャーケーキ、ブラウニー、あんにん豆腐などが並ぶ「おやつコーナー」があります。いつもここから食後のおやつをそっと追加してしまう私です。(陽)

[メモ] 仙台市青葉区春日町10の23第一春山ビル1階▽午前11時半〜午後7時▽日曜祝日定休▽和風の総菜の他、タイカレー、マリネなども人気。使用するかつお節や塩、菜種油なども販売する。隣の弁当屋「しのん」は姉妹店▽022(223)8875。


関連ページ: 宮城 経済 仙台満店

2018年11月19日月曜日


先頭に戻る