宮城のニュース

宮城・利府にメガソーラー 東京の業者が開所

宮城県利府町に完成したメガソーラーの開所式

 太陽光発電のコムシスクリエイト(東京)は宮城県利府町に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を完成させ、現地で15日に開所式を行った。
 森郷共栄生産森林組合が所有するごみ埋め立てや山砂採取の跡地17.8ヘクタールを借り、太陽光パネル3万9860枚を設置。最大出力9000キロワットで、一般家庭3850世帯分の年1350万キロワット時を発電する。
 総事業費36億円で2016年12月に着工し、今年10月2日に稼働。全量を東北電力に売電し、年4億3200万円の収入を見込む。
 同社のメガソーラーは全国19カ所目。東北では岩手県金ケ崎町に次ぎ2カ所目になる。


関連ページ: 宮城 経済

2018年11月20日火曜日


先頭に戻る