宮城のニュース

<タクシー運賃>気仙沼の業者、仙台除く宮城全域で引き上げ申請

 東北運輸局は19日、宮城県気仙沼市の「ししおり・きはんせんタクシー」(33台)が、仙台市を除く宮城県内のタクシー運賃引き上げを申請したと発表した。今後3カ月以内にタクシー車両数(1489台)の7割に当たる会社が申請した場合、運輸局が改定の可否を判断する。
 申請内容は初乗りが1.36キロまで680円(現行上限1.5キロまで670円)、加算運賃は334メートルごとに90円(現行上限340メートルごとに90円)。後藤真社長は「運転手不足で人件費が上がり、燃料代も高騰している。台数の少ない零細企業が多く、事業を続けられなくなる」と説明した。
 認可されれば、消費税増税分の転嫁値上げ以外で仙台市を除く宮城県内の運賃が引き上げられるのは2009年以来となる。


関連ページ: 宮城 経済

2018年11月20日火曜日


先頭に戻る