宮城のニュース

仙台東リーグの選手ら、全国大会活躍を副知事に誓う

県庁で大会への決意を語った仙台東リーグの選手ら

 東京で23〜25日に開かれる「KTA CUPリトルリーグ・チャンピオンシップ大会」に東北第1代表として出場する仙台東リーグの選手や監督ら16人が12日、県庁を訪れ、佐野好昭副知事に活躍を誓った。
 中山小6年の小野寺応助主将(12)は「夏の全国大会では悔しい思いをしたので、今大会は良い結果を残したい」と意気込んだ。佐野副知事は「持ち前の打撃力を生かし、頑張ってほしい」と述べた。
 チャンピオンシップ大会は初開催で、各地の予選を勝ち抜いた全国の16チームが出場する。仙台東リーグは初戦で、関東第2代表の埼玉県のチームと対戦する。選手らは同日、仙台市役所も訪問し、郡和子市長から激励を受けた。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2018年11月21日水曜日


先頭に戻る