宮城のニュース

<とうほくドローンeye>気仙沼/冬告げる気嵐 航跡追い舞い上がる

気仙沼湾の気嵐

 満天の星が光を弱めるにつれ、気仙沼湾から霧が湧き上がる。20日早朝、気仙沼市の大島に向かう朝一番のフェリーを追い掛けるように、霧は南へ流れて行った。
 「今朝はめっきり冷え込んだのに、海水は温かかった」と気仙沼漁協魚市場部の熊谷浩幸部長(56)が話す。海と陸の極端な温度差が「気嵐(けあらし)」(蒸気霧)を生む。気嵐に出合うと「これでやっと気仙沼に戻ったと安心する漁師もいる」(熊谷さん)という。
 入り江が深く、波が穏やかな気仙沼湾の地形は気嵐の発生に好都合。唐桑半島の陰から太陽がのぞき、辺りがオレンジ色に染まると気嵐は勢いを増した。
 上空から眺めると、霧というより雲。もくもくと高く舞い上がったが、それも日の出からわずかな時間だけ。沖合へ向かいながら薄れ、やがて消えた。(写真部・佐々木浩明、庄子徳通)

▽動画ページはこちら
https://www.kahoku.co.jp/movie/


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月21日水曜日


先頭に戻る