福島のニュース

<会津美里山林遺体>容疑者の帰路で凶器など捜索 捜査本部

 福島県会津美里町の山林で東京都豊島区、職業不詳菅谷善明さん=当時(49)=が他殺体で見つかった事件で、会津若松署捜査本部は20日、会津美里町の道路周辺と須賀川市の川を80人態勢で捜索した。
 凶器とされる鉄パイプのような物と、遺体の両手首をそれぞれ両市町で捨てたという趣旨の供述を容疑者から得たことから実施した。いずれも遺棄現場から東京方面に帰る途中に投棄したとみられる。
 殺人容疑で再逮捕された宇都宮市、無職大森遼容疑者(30)が「自分は見ていただけ」との趣旨の供述をしていることも、捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は殺害の実行役の特定につながる供述とみている。
 大森容疑者の他に殺人容疑で再逮捕されたのは本籍千葉市、自称会社役員天野十夢(とむ)容疑者(32)。捜査関係者によると、容疑を否認している。


関連ページ: 福島 社会

2018年11月21日水曜日


先頭に戻る