宮城のニュース

<JR東>本塩釜駅構内に鮮魚店と飲食店 27日開業

tekuteしおがまのイメージ図(JR東日本仙台支社提供)

 JR東日本仙台支社は22日、仙石線本塩釜駅構内に、鮮魚店と飲食店の併設施設を27日に開業すると発表した。駅ナカに鮮魚を扱う店舗が入るのは全国でも珍しいという。
 施設名は「tekute(てくて)しおがま」で、グループ会社のJR東日本東北総合サービス(仙台市)が運営する。延べ床面積は320平方メートル。
 岩手県や仙台市ですし店などを展開する清次郎(盛岡市)が出店する。鮮魚店では塩釜港など三陸で水揚げされた魚介類を中心に、野菜や総菜を販売。飲食店では昼は定食、夜は居酒屋メニューなどを提供する。
 JR東日本仙台支社の担当者は「改札を出てすぐに鮮魚が買える。地元住民だけでなく、訪日客を含む観光客にも利用してほしい」と話した。
 本塩釜駅では27日、構内で仮設運営していた塩釜市観光案内所もリニューアルオープンする。


関連ページ: 宮城 経済

2018年11月23日金曜日


先頭に戻る