宮城のニュース

<JR常磐線>踏切で線切れ線路ふさぐ、列車2本運休

 22日午後6時15分ごろ、宮城県亘理町のJR常磐線浜吉田駅構内の踏切で、高さ制限を示すスパン線が切れ、線路をふさぐトラブルがあった。JR東日本仙台支社によると、原ノ町(南相馬市)−仙台間で上下計2本が運休、上下計3本が最大70分遅れ、約1130人に影響した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月23日金曜日


先頭に戻る