宮城のニュース

ころ柿作り 親子挑戦 丸森で農家直伝体験ツアー

柿の皮をむく親子

 宮城県丸森町耕野地区特産の干し柿「ころ柿」作りの体験ツアーが23日、耕野ふるさと交流センターであった。仙台市や村田町、大河原町などから41人が参加した。
 町観光物産振興公社の旅行部門「丸森“こらいん”ツーリスト」と、町のグリーン・ツーリズム推進協議会の主催。参加者は農家に教えてもらいながら、柿の皮をむき、へたをひもに通してつるした。
 両親に連れられてきた仙台市青葉区の国見小5年加藤伊純(いずみ)君(11)は「皮むきは最初は皮が残ったり、形が変になったりしたけれど、だんだんうまくなった。干し柿が好きで、食べるのが楽しみ」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月24日土曜日


先頭に戻る