福島のニュース

<福島・小野7人死亡火災>幼い孫4人ら不明 4世代同居、1階火元か

消火作業後も、骨組みだけが残った住宅からしばらく煙が立ち上っていた=22日午前5時ごろ

 21日午後11時5分ごろ、福島県小野町飯豊、無職塩田恒美(つねよし)さん(61)方が燃えていると、近くの住民が119番した。木造一部2階の住宅と敷地内の倉庫が全焼し、焼け跡から22日、計7人の遺体が見つかった。田村署は同居していた4世代9人のうち連絡が取れない7人とみて調べている。

 安否が不明なのは塩田さんと、無職の母サクノさん(81)、無職の長女美紀さん(30)、孫4人。孫は長女夫婦の子どもで、小学3年の長男大輝(だいき)君(8)と、いずれも保育園児の次男大翔(ひろと)ちゃん(6)、長女李帆(りほ)ちゃん(4)、三男皐大(こうた)ちゃん(3)。
 パート従業員の塩田さんの妻(57)が助けを求めて家を出た際、両手に軽いけがをした。会社員の美紀さんの夫(33)は仕事で外出していた。
 付近の男性(70)によると、足が不自由な塩田さんの入浴を介助していた妻が浴室に入ってきた煙で火災に気付き、男性宅に助けを求めたという。男性は「ほんの2、3分の間に火柱が上がった」と話した。
 火は約1時間後に消し止められた。1階東側の焼け方が激しいという。県警は火元の可能性があるとみて出火原因を調べるとともに、遺体の身元特定を進める。
 地元の消防本部によると、火災では塩田さんの住宅と倉庫のほか、近くの物置など4棟も焼けた。
 現場は小野町役場から北に約3キロで、国道349号近くの住宅が点在する地域。


関連ページ: 福島 社会

2018年11月23日金曜日


先頭に戻る