宮城のニュース

名取市職員制作、手作りFM番組が100回到達 山形のFMとコラボ、記念収録で食レポ対決

100回目の記念番組を収録する両番組のスタッフ

 名取市職員が企画から編集、出演までをこなす地域FM「エフエムなとり」(名取市)の名物番組「名取☆もうそうしnight」が2019年1月、15年7月の放送開始から100回目を迎える。節目を盛り上げようと、誕生のきっかけとなった山形県山辺町の情報を伝える地域FM「ラジオモンスター」(山形市)の人気番組「のべ☆ラジ」のスタッフを名取市に招き、記念収録に臨んだ。

 第100回の収録は18日、ゆりあげ港朝市であった。両番組のスタッフが食レポをする企画で、朝市名物の炉端焼きで魚介をあぶり、そのおいしさを言葉にした。
 のべ☆ラジのスタッフは焼きたてのカキの殻を開けて「いい色つや。もうセクシーですよ」と表現。朝市を訪れた大勢の来場者を沸かせ、食レポ対決は白熱した。
 もうそうしnightはラジオで名取の良さを伝えたいと考えた市職員が、山辺町の話題に特化したのべ☆ラジを参考に始めた。市職員のサークル「名取市放送部」が制作する。
 東日本大震災前の同市閖上地区の思い出を語り合ったり、市内の雷神山古墳を600分の1に縮小したケーキを作ったり。一貫して地域に根差したテーマを取り上げる。市職員の庄司かほりさん(43)は「100回も続けられ、とてもうれしい。これからも名取の人、店、食べ物の魅力をとことん発信していきたい」と話す。
 もうそうしnightは毎週月曜の午後9時半〜10時。隔週で内容が変わる。食レポ対決の100回目は来年1月7日放送予定。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月25日日曜日


先頭に戻る