宮城のニュース

力を合わせ綱引き 大郷で障害者ら大会

懸命に綱を引く選手たち

 第23回県障害者綱引選手権大会(県障害者スポーツ協会、河北新報社主催)が25日、大郷町のフラップ大郷21であった。
 知的障害者らでつくる県内17チーム(1チーム5人編成)が出場。4ブロックに分かれて予選リーグを行った後、各ブロック上位3チームの計12チームによる決勝トーナメントで力とチームワークを競った。
 選手たちは声援を受けながら熱戦を繰り広げ、試合が終わると相手チームの選手とハイタッチをして健闘をたたえ合った。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月26日月曜日


先頭に戻る