宮城のニュース

<ベガルタ>肩落とす 試合巧者相手に守備崩壊

仙台−鹿島 前半34分、鹿島・昌子(3)に先制ゴールを決められる。自陣ゴール前で守る仙台のGKシュミット(左)と大岩(左から3人目)ら(小林一成撮影)

 痛々しい仙台のホーム最終戦だった。今季最多の1万9152人の前でアジア王者の鹿島にいいようにやられて3失点。鹿島サポーターの勝利の凱歌(がいか)を背に、選手たちは肩を落としてピッチを去った。
 試合巧者に守備を崩された。特に痛かったのは前半34分に先制点を許した場面。板倉が自陣深くで相手を倒してFKを与え、ゴール前のこぼれ球を日本代表の昌子が拾う。シュートブロックを狙う大岩らの動きに対し昌子は何度かキックの振りを見せて、シュートコースを強引にこじ開けた。
 「対応できたと思うが、味方とぶつかってボールに行けなかった」と大岩。シュミットは「シュートを打つ振りを見せられてタイミングが取りづらかった」と悔やむ。
 後半も相手が一枚上だった。2点目は鋭いカウンターで失い、3点目はクリアミスを決められた。蜂須賀の負傷退場もあってゲームプランに苦心した仙台と対照的。板倉は「序盤は仙台のペースの時間もあったが、向こうは1点取ってから手堅かった」と振り返る。
 最終節の神戸戦を前に目標だった5位以内は消滅した。が、まだ天皇杯の頂点を目指す戦いは続く。鹿島とは決勝で当たる可能性がある。「まずは(天皇杯準決勝で)山形を破る。次は(鹿島に)絶対に勝ちたい」と大岩。満員のホームで味わった悔しさを糧に頂上を狙う。(原口靖志)


2018年11月25日日曜日


先頭に戻る