福島のニュース

郡山の病院前に乳児置き去り

 24日午前6時ごろ、福島県郡山市向河原町の星総合病院の入退院センター入り口付近で、生後間もない乳児が置き去りにされているのが見つかった。郡山署は保護責任者遺棄の疑いなどで調べている。
 同署によると、乳児は生後1〜2週間の男児で身長45センチ、体重2170グラム。水色のベビー服を着て、毛布にくるまれた状態で地面に置かれていた。巡回中の警備員が見つけ、病院職員が通報した。命に別条はなく、念のため入院している。
 仙台管区気象台によると、郡山の午前6時の気温は2.1度だった。


関連ページ: 福島 社会

2018年11月25日日曜日


先頭に戻る