宮城のニュース

住民がラジオ体操動画撮影中 健康増進やPRに活用へ 宮城・美里

陸羽東線を背景にラジオ体操の風景を撮影する町民ら

 宮城県美里町社会福祉協議会は住民が出演する「みさとのラジオ体操プロジェクト」を進める。町内23カ所で体操風景を撮影し、来春までにDVDに編集する。町民の健康増進や町のPRに活用したい考えだ。
 町民有志に協力を求め、今年5月から撮影してきた。町を象徴する田園風景、山神社や松景院といった神社仏閣、JR小牛田駅、南郷高など23カ所で撮影し、延べ455人が参加した。今後も数カ所を検討する。
 撮影現場では、社協の担当者が「もっと元気よく」「笑顔を忘れないで」と声を掛け、参加者は「出来が楽しみ」「自分が写るのは照れるね」などと話すなど和やかな表情を浮かべた。
 プロジェクトは、なじみのあるラジオ体操を使い、健康づくりやDVD制作などで世代間交流を図るのが目的。2018年度の「介護予防のための地域支援事業」として実施する。
 映像はDVDに編集し、来年3月をめどに完成させる。映像を使ったラジオ体操イベントなどを企画し、活用する方針。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月26日月曜日


先頭に戻る