岩手のニュース

<この人このまち>好きな事、地元で堂々と 岩手をPRする女装家

[いわて・けい]本名と年齢は非公開。八幡平市生まれ。2014年1月から女装で活動を始め、テレビでのグルメリポーターやバイク用ウエアのモデルを務める。

 岩手県を拠点に司会やモデル、執筆活動と幅広く活躍中の女装家岩手蛍さん。なまめかしい立ち振る舞いと軽妙なトークでファンの心をつかみ、岩手さんが参加するイベントは毎回大盛況を博している。その不思議な魅力に迫り、古里岩手への思いを聞いた。(盛岡総局・江川史織)

◎岩手をPRする女装家 岩手蛍さん/若者でにぎわう街にするのが私の役割

 −女装家「岩手蛍」誕生のきっかけを教えてください。
 「ビジュアル系バンドをやっていた4年前、化粧したまま盛岡の街を歩いたのが始まりです。周囲の反応が新鮮でした」
 「その後、女装で飲食店で働くことになりました。最初は化粧に3時間かかりましたが、同僚の女性に教えてもらって女装術を磨いていきました」

 −現在はどのような活動をしていますか。
 「バイクに乗るのが趣味で、年2回開かれるバイク展示試乗会『IWATE(いわて)モーターサイクルフェスタ』の司会をしています。全国から約3000人のライダーが集まり、ツーリングやキャンプで盛り上がります」
 「自然に恵まれた岩手はツーリングコースの宝庫。イベントで私に会いに来てくれたことがきっかけでバイクの免許を取り、ツーリングで岩手を訪れるようになった人もいます。一人でも岩手に興味を持ってくれる人が増えてほしいです」

 −女装するのは勇気が要りますね。
 「岩手県民は保守的で、女装やコスプレといったサブカルチャーを敬遠する人が多いようです。でも子どもの頃はヒーローに憧れたでしょ。誰にでも変身願望はあると思いますよ」
 「楽しい事や刺激を求めて若者はどんどん東京に流出してしまいます。岩手でも好きな格好が堂々とでき、若者でにぎわう街にするのが私の役割です」

 −今後の抱負を教えてください。
 「女装やアニメのキャラクターといった思い思いの格好ができるファッションショーを岩手で開いてみたいです。地元の美容室や服飾店と連携すれば若者が地域に目を向ける機会になり、地域経済の活性化も期待できます」
 「地域情報誌に岩手で活躍するタレントやアイドル、ミュージシャンを紹介するコーナーを連載しています。岩手の人は、才能はあってもアピールするのが苦手なようです。ユニークな人を発掘し、好きな事を自由にできる雰囲気を岩手に生み出したいです」


関連ページ: 岩手 社会

2018年11月26日月曜日


先頭に戻る