宮城のニュース

<楽天>山下「嶋さんの壁は高いけど・・・」正捕手奪取へ送球磨く

山下斐紹捕手

 山下は移籍先1年目で自己最多となる43試合に出場した。6月以降はほぼ1軍に居続けた結果で、「(打率1割9分8厘と)成績は残せなかったが、長く1軍に帯同できていい経験ができた」と振り返った。
 守備の課題は送球。倉敷キャンプでは、光山1軍バッテリー兼守備作戦コーチら新しい指導者に鍛えられ、正確かつ素早い送球を磨いたという。
 「嶋さんの壁は高い」と認識しつつも、岡島が捕手に復帰するなど正捕手争いで負けるつもりはない。「レギュラーをつかみ取りたい」と意気込んだ。


2018年11月27日火曜日


先頭に戻る