秋田のニュース

秋田・外旭川地区のイオン構想早期実現を 有志の会が市に提言書

 イオングループで商業施設開発を手掛けるイオンタウン(千葉市)が秋田市の外旭川地区に計画する商業施設を核にした大規模な街づくり構想について、実現を望む秋田県内の経済関係者などでつくる有志の会は26日、早期実現に向けた話し合いを進めることなどを求める提言書を、秋田市と同社に提出した。
 有志の会の佐々木信代表幹事(秋田県民共済理事長)と宮田正馗代表幹事(元大潟村村長)らが市役所などを訪問。石井周悦副市長と、来県した同社の大門淳代表取締役会長にそれぞれ提言書を手渡した。計画実現へ両者が協調することを改めて申し入れた。
 提出後の記者会見で宮田代表幹事は「低迷する秋田のためにも新たな事業が必要。秋田を活性化するためのこの計画について議論を深めてほしい」と話した。
 予定地は市街化調整区域で建設には市の許可が必要。市は中心部に都市機能を集約する「コンパクトシティー」を現在の街づくりの基本方針としており、消極的な考えを示してきた。
 穂積志市長は26日の定例記者会見で「市が進める都市づくりの方向性が前提にあり、提案がそれに合致するものなのか判断したい」との考えを示した。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2018年11月27日火曜日


先頭に戻る