宮城のニュース

<ホテル京阪>東北初進出 「日乃出620」跡地に20年夏開業

仙台のホテル京阪のイメージ

 京阪ホールディングス(大阪市)のグループ会社、ホテル京阪(同)は2020年夏、仙台市青葉区中央3丁目に「ホテル京阪 仙台」(仮称)を開業する。ホテル京阪の東北進出は初めて。JR仙台駅に近い立地の良さを生かし、ビジネス客や国内外の観光客らの利用を見込む。
 同社が27日に発表した計画などによると、ホテルは鉄骨14階、地下1階で延べ床面積約8300平方メートル。客室数は200を予定し、2階にレストランを設ける。既に着工しており、20年7月末の完了を見込む。
 建設計画地は、仙台駅から徒歩約5分の青葉通沿いにある。「日乃出620駐車場」の跡地で、七十七銀行本店に隣接している。周辺にはオフィスビルや商業施設、飲食店などが並ぶ。
 ホテル京阪の担当者は「最新の機能性を十分に備えることを基本コンセプトに、宿泊特化型ホテルとして展開する」と説明した。
 ホテル京阪は大阪や京都、札幌、東京で計8ホテルを運営。主要な政令指定都市の駅前立地を中心に多店舗化を進める方針を掲げており、20年開業の仙台のホテルは直営ホテルとして14店舗目となる見通し。


関連ページ: 宮城 経済

2018年11月28日水曜日


先頭に戻る