宮城のニュース

<金華山不法投棄>震災ボランティア男性を書類送検 逮捕の元職員と灯籠を崖に捨てた疑い

 石巻市の金華山で起きた産業廃棄物不法投棄事件で、宮城県警生活環境課と石巻署は27日、廃棄物処理法違反の疑いで、同市の無職男性(80)を書類送検した。
 送検容疑は同容疑で逮捕された金華山黄金山神社元職員の日野篤志容疑者(43)=東松島市牛網=と共謀して2017年6月19日〜7月21日ごろ、同神社敷地内の崖に鉄製灯籠約1.9トンを捨てた疑い。男性は東日本大震災のボランティアとして、被災した神社施設の片付けや修復作業に当たったという。
 県警は同容疑で逮捕された同神社宮司の奥海聖容疑者(66)=石巻市鮎川浜金華山=の指示を受けた日野容疑者が、男性と共にダンプカーに積んだ灯籠を崖に捨てたとみて調べる。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月28日水曜日


先頭に戻る