宮城のニュース

<登米無双>「登米師」の世界を体感 弟子入りツアー

田んぼで放牧されている豚と触れ合う参加者

 登米市のPR動画第3弾「アスリート四人衆と登米市の登米師!登米無双3 トメられぬ市民の愛篇」の世界を体験する「登米師弟子入りツアー」が17、18日、市内で行われた。
 ツアーには県内や東京都などから10人が参加。参加者は市内の食や農業、林業、スポーツ、伝統文化などのスペシャリストで市から「登米師」に認定された人々を訪ね、仕事の現場を見学し技術などを学んだ。
 同市米山町の農業生産法人「いなほ」代表鈴木豊さん(53)の農場では、田んぼで豚を放牧する独自の飼育法を見学。同市産のコメや麦、青菜などをえさに、広い水田で放し飼いにする利点などを教わった。
 名取市から子ども2人と参加した主婦加藤由美さん(31)は「こんなに伸び伸びと育てられている豚を初めて見た。登米に来たのは初めてだが、自然が豊かで観光地が多い場所だと感じた」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月29日木曜日


先頭に戻る