宮城のニュース

<楽天>三好50万円増「悔しいシーズン」巻き返し誓う

三好匠

 東北楽天は27日、仙台市の球団事務所で今江、三好の両内野手、石橋投手、八百板外野手と来季の契約を結んだ。
 3年契約の最終年だった今江は野球協約の減額制限(1億円超は40%)を超える1億5000万円ダウンで合意した。75%の大幅減に「昨季までの2年間は結果を出せなかった。仕方がない」と語った。
 7年目で最多の70試合に出場した三好は50万円増でサイン。「遊撃のレギュラーを取れず、終盤は2軍にいた。悔しいシーズンだった」と巻き返しを誓った。
 今季1軍初出場を果たした八百板は40万円増。「やっと形が見えた。パワーを付け1軍で勝負できるようにしたい」と話した。
 石橋は現状維持で更改した。(金額は推定)


2018年11月28日水曜日


先頭に戻る