山形のニュース

<モンテ>「仙台を破って天皇杯決勝へ」感謝祭で決意

今季の応援への感謝の言葉を述べる木山監督(手前)と選手

 サッカーJ2山形は26日、スポンサーや関係者に感謝を伝える「サンクスパーティー」を山形市内で開いた。出席した選手27人とスタッフは約300人の参加者を前に、来季のJ1昇格を誓った。
 来季も引き続き指揮する木山隆之監督が「目標としたJ1昇格にパワーを出し切ることができなかった。天皇杯の大舞台で仙台を破り、必ず決勝へ行きたい」とあいさつ。選手がサインや記念撮影に応じ、参加者と交流を深めた。
 山形は来月5日、天皇杯準決勝で仙台と対戦。J1に所属していた2015年にリーグ戦で仙台と対戦した経験があるMF松岡亮輔選手は「仙台戦は地域対地域の宿命の戦い。心してアウェーの地に乗り込みたい」と意気込みを語った。
 山形は今季、14勝14分14敗の勝ち点56、22チーム中12位でリーグ戦を終えた。


2018年11月28日水曜日


先頭に戻る