宮城のニュース

<仙台・警官刺殺>「動機は分からなかったが、ほぼ全容解明できた」宮城県警本部長評価

巡査長が襲撃され、死亡した仙台東署東仙台交番=2018年9月19日午前7時30分ごろ、仙台市宮城野区東仙台2丁目

 宮城県警の松岡亮介本部長は28日の定例記者懇話会で、仙台東署東仙台交番で起きた警察官刺殺事件の容疑者を27日に容疑者死亡で書類送検したことについて「動機は分からなかったが、どのような犯行だったのかは、ほぼ全容を解明できた」と評価した。
 事件後、県警は県内全約200カ所の交番や駐在所の安全対策強化に着手し、防犯カメラの設置などを決めた。松岡本部長は「勤務体制の在り方についても検討する」と述べ、ソフト面でも今後、改善策を講じる方針を示した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月29日木曜日


先頭に戻る