宮城のニュース

親子でツリーの飾り付け 岩沼・子育て支援センターで一足早いクリスマス

オーナメントをつるす子どもたち

 岩沼市の乳幼児にクリスマスの飾り付けを楽しんでもらおうと、市子育て支援センターで29日、中庭にあるシンボルツリーのもみの木にオーナメントをつるす催しがあった。18組の親子が一足早いクリスマス気分を味わった。
 センターであったオーナメント製作イベントに参加した親子が、玉形やつえの形などのオーナメントをもみの木の枝に下げた。吉原星陽ちゃん(3)は「飾ったらきれい。面白かった」と話した。
 センターは2011年開設。もみの木の飾り付けは例年、職員が担当していたが、市民参加を進めようとイベントに仕立てた。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年11月30日金曜日


先頭に戻る