山形のニュース

<スパイバー>軽くて強い人工クモ糸量産支援 官民ファンドが30億円出資

スパイバーの関山代表(左)と握手を交わすクールジャパン機構の加藤専務。奥は試作品=28日午後、東京都港区

 官民ファンドのクールジャパン機構は28日、ベンチャー企業のSpiber(スパイバー、鶴岡市)に30億円を出資したと発表した。軽くて強いクモの糸のような素材など、人工タンパク質を使った機能性繊維の量産を後押しする。2021年の販売開始を目指す。
 クール機構の加藤有治専務は東京都内で記者会見し「日本発の素材の世界展開を支援したい」と強調。スパイバーの関山和秀代表は「将来的に人工タンパク質は(繊維市場全体の)15〜20%を占める」と語った。
 人工タンパク質は植物由来の糖を発酵して精製する。石油や動物性原料を使わず、環境への負荷が小さい。スポーツウエアや自動車の車体などに利用が期待されている。
 クール機構の出資を受け、タイに人工タンパク質の大型精製設備を建設する。今後は鶴岡市の本社工場を拡充して生産能力を上げることも検討する。


関連ページ: 山形 経済

2018年11月29日木曜日


先頭に戻る