宮城のニュース

<アイリスオーヤマ>ベトナムに資材調達担う現地法人設立

 アイリスオーヤマは29日、ベトナム・ホーチミン市に資材調達などを担う現地法人「アイリスオーヤマ ベトナム」を設立したと発表した。東南アジアからの購買や調達を強化し仕入れコスト低減を図り、海外市場での事業拡大を目指す。
 調達する品目は組み立て家具やインテリア用品、原材料を想定。今月15日に業務を開始した。現地責任者となるゼネラルディレクターには、グループに関する輸出入事業を担うオーヤマ(仙台市)でマネジャーを務めていた千々岩輝幸氏を充てた。
 同社が基幹工場の大連工場を置き、主要調達先としてきた中国では人件費高騰によって資材などの仕入れ価格が上昇。同社の仕入れ先企業も、生産拠点をベトナムを中心に東南アジアに移管するケースが相次ぐ。
 同社の海外法人は、ベトナムを含めて6カ国13法人目。担当者は「仕入れ価格を抑制することで値頃な価格の商品を安定的に提供できるよう努める」と話す。


関連ページ: 宮城 経済

2018年11月30日金曜日


先頭に戻る