福島のニュース

<福島知事選>19歳の投票率大幅減の19% 昨年衆院選を大きく下回る

 福島県選管は29日、知事選(10月28日投開票)の年代別投票率を発表した。18歳は41.32%、19歳は19.84%で、昨年の衆院選(18歳49.97%、19歳27.96%)を大きく下回った。
 男女別は、18歳の男性39.52%、女性43.28%、19歳の男性18.60%、女性21.14%と、いずれも女性の方が高かった。
 県選管の担当者は「19歳が想像以上に低い。住民票を県内に残したまま進学、就職する学生が他県より多いことも影響している」と分析。「会員制交流サイトなどさまざまなメディアを使い、啓発を続けていく」と話した。
 全体の投票率は、知事選で過去2番目に低い45.04%。年代別は70代の63.94%が最も高く、20代の23.12%が最低だった。


関連ページ: 福島 政治・行政

2018年11月30日金曜日


先頭に戻る