広域のニュース

<東北電>1月電気料金57円値上がり 火力発電用燃料の平均価格上昇

 東北電力は29日、輸入燃料の価格変動を反映させる燃料費調整制度に基づく来年1月分の電気料金を発表した。標準家庭(契約電流30アンペア、使用電力量260キロワット時)は前月より57円高い7492円になる。値上がりは13カ月連続。
 基本料金に上乗せされる燃料費調整額が前月の39円から96円になった。算定基準となる8〜10月の火力発電用燃料の平均価格は原油、液化天然ガス(LNG)、石炭のいずれも上昇。上昇幅はそれぞれ1.65%、4.07%、2.74%だった。


関連ページ: 広域 経済

2018年11月30日金曜日


先頭に戻る