宮城のニュース

<復興交付金>宮城県内に428億8000万円 交付率は100% 22次配分

 復興庁が30日発表した復興交付金の22次配分で、県と10市町が2018、19年度に実施する事業に計428億8000万円が配分された。交付率は100%だった。
 市町村別では、石巻市が366億6000万円で最多。石巻中央排水区など市内8地区で進める下水道管敷設工事などに318億4000万円が配分された。
 女川町は28億6000万円が認められた。石浜、宮ケ崎など5地区で実施する共同水産加工場整備に10億7000万円を充てる。
 名取市は9億6000万円の配分が決まった。沿岸部の市道広浦北釜線など計約6.6キロの建設事業に7億6000万円を振り向ける。


2018年12月01日土曜日


先頭に戻る