広域のニュース

来訪神 後世に ユネスコ登録受け東北4行事が決意

無形文化遺産登録を喜ぶ協議会関係者とナマハゲなどの来訪神=30日、東京・平河町

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に「来訪神 仮面・仮装の神々」の登録が決まったことを受け、伝統行事の地元市町村でつくる来訪神行事保存・振興全国協議会が30日、東京都内で記者会見した。東北の4行事を守る首長らも出席し、未来へ伝承する意気込みを語った。
 協議会長の菅原広二・男鹿市長は「男鹿のナマハゲ」をはじめとする行事の登録を喜び、「どの自治体も人口減や財政難など課題を抱える。ネットワークを生かし後世に文化を残したい」とあいさつした。
 異形の「神」が集落を回る伝統行事は、少子化や過疎化により担い手不足が課題となっている。
 登米市は火伏せの行事「米川の水かぶり」を受け継ぐ。熊谷盛広市長は「小中学生に魅力を伝え、伝承意識を持ってもらえるよう取り組んでいる」と話した。
 大船渡市で続く小正月行事「吉浜のスネカ」の継承に力を注ぐ戸田公明市長は「遺産登録は地域の誇りだ」と喜びを語った。
 山形県遊佐町に伝わる小正月行事「アマハゲ」の保存会長も務める時田博機町長は「神事だからそっとしておいてほしいとの声もある。地域を挙げて守っていきたい」と強調した。
 協議会は「来訪神」の無形文化遺産登録を目指して2014年に発足した。


関連ページ: 広域 社会

2018年12月01日土曜日


先頭に戻る