宮城のニュース

震災遺児支援「今後も協力していきたい」 元プロレスラー小橋建太さんら寄付

目録を手渡す(左から)秋山さん、小橋さん、北井社長

 プロレス興行などを行う芸能事務所「KITAI OFFICE」(東京)は11月20日、東日本大震災で親を亡くした子どもたちを支援する「東日本大震災みやぎこども育英基金」に、30万円を寄付した。
 北井孝英社長が元プロレスラーの小橋建太さん(51)、全日本プロレス社長の秋山準さん(49)と共に宮城県庁を訪れ、渡辺達美保健福祉部長に目録を手渡した。
 寄付金は、同社が開催したイベントの収益金などの一部。育英基金の使い道について県職員から説明を受けた小橋さんは「まだまだ支援が必要だと知った。今後も自分ができることを協力していきたい」と話し、秋山さんは「未来をつくる子どもたちが元気になってほしい」と力を込めた。
 北井社長は「震災直後から力になりたいと考えていた。小橋さん、秋山さんの力で、県の取り組みも発信したい」と述べた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月02日日曜日


先頭に戻る