宮城のニュース

<仙台ハーフマラソン>エントリー、6日開始 一般は10日から

元気いっぱいに新緑のトンネルを駆け抜けるランナー=2018年5月13日

 仙台市で2019年5月12日にある第29回仙台国際ハーフマラソン大会のインターネット受け付け(先着順)が12月6日、エリート・日本陸連登録競技者ハーフ(定員計1300人)と女性初心者対象の「新緑のプリンセンスランナー」ハーフ(同50人)を皮切りに始まる。一般ハーフ(同7000人)は12月10日から受け付ける。
 5キロ(同2000人)と2キロ(同500人)は来年1月24日、車いすハーフ(同100人)は同2月19日から。インターネットと郵便振替による抽選枠(一般など計1600人)は12月15〜21日を予定している。
 大会は仙台市や市スポーツ振興事業団、宮城陸上競技協会、河北新報社などの主催。ランナーの募集開始時期はこれまで1月だったが、今回から約1カ月早めた。一般ハーフの受け付けはここ数年、午後8時の募集開始から30分以内に定員に達する人気となっている。
 連絡先は仙台国際ハーフマラソン大会実行委員会事務局022(297)1322。


2018年12月01日土曜日


先頭に戻る