宮城のニュース

「ゴールまで全力出し切る」 全国小学生クロカンリレー宮城県代表チーム、県庁で活躍誓う

全国大会に向けた意気込みを語る安田選手(手前)

 大阪府吹田市で8、9日に開催される全国小学生クロスカントリーリレー研修大会に、宮城県代表として初出場する岩沼ジュニアランニングクラブ(岩沼市)の選手やコーチら11人が11月26日、県庁を訪れ、佐野好昭副知事に活躍を誓った。
 主将を務める岩沼小6年の安田悠人選手(11)は「ゴールまで全力で駆け抜け、練習で身に付けたことを出し切りたい」と話した。佐野副知事は「感謝の気持ちを忘れず、県代表として自信を持って臨んでほしい」と激励した。
 大会は男女3人ずつの6人一組のチームで行われ、起伏のあるコースを1人1.5キロ走る。全国から各県予選を勝ち抜いた50チームが出場する。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2018年12月02日日曜日


先頭に戻る