秋田のニュース

<秋田県警>五城目署員同士が酔って乱闘 1人骨折、飲食店の備品壊す

 秋田県警五城目署の交番に勤務する警察官数人が11月下旬、秋田市の飲食店で酒に酔ってけんかし、同僚にけがをさせたり店内の備品を壊したりしていたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、傷害や器物損壊の疑いがあるとみて経緯を調べている。
 捜査関係者によると、警官ら数人が口論の末につかみ合いとなり、うち1人はあばら骨を折った。店内の掛け軸などが壊れた。交番所長の男性警部補も同席していた。飲食店の従業員が秋田中央署に通報した。
 五城目署は「現段階ではコメントできない」としている。


関連ページ: 秋田 社会

2018年12月01日土曜日


先頭に戻る