宮城のニュース

<まちかどエッセー・米田公男>私と坐禅

 12月8日は約2500年前のインドで、お釈迦(しゃか)様が「悟り」を開かれた日とされています。死ぬほどの苦行をしても悟りに至ることができなかった釈尊が、菩提樹(ぼだいじゅ)の下で坐禅(ざぜん)して1週間瞑想(めいそう)した12月8日早朝、明けの明星を見て開悟されたのです。その故事に倣って12月1日から8日の早朝まで、各地の禅宗寺院は「臘八大接心(ろうはつだいぜっしん)」と言われる「坐禅修行週間」に入るのです。
 長野市の善光寺後方に小高い山があり、その中腹に坐禅専門道場があります。師とも仰ぐ先輩から「米田君も夫婦で一緒に坐禅に行くか?」と誘われて「そうですね」とご一緒したのが一昨年の12月でした。冬の信州ですから、雪がタップリ積もっていて!などと想像していましたが、天気も良く思った以上に暖かい。私たち夫婦は観光気分半分、ドキドキ気分半分で坐禅修行に参加したのです。
 夕刻お寺に到着すると、数年前から仏画の指導を受けている、京都の先生から「米田さん、よう来られはりましたな」と歓迎され、ここでの生活について簡単な説明がありました。
 翌朝起床は3時30分、白衣(びゃくい)に着替えて坐禅堂に行きます。約1時間半の坐禅と水行(すいぎょう)。その後般若心経など20種余りのお経と真言を唱えます。朝食の後はまた坐禅と読経です。午後は作務(さむ)(寺院内の作業)をし、その後また坐禅。その繰り返しが夜の9時まで続きます。
 1日目は何もかも初めてで、ついていくのがやっとです。しかし繰り返し同じ行(ぎょう)をするうち、なんとなく心が整っていくような気がしてきます。初めて経験する事は全てが新鮮で、心地よいのです。還暦を過ぎてこんな体験をするとは思いませんでしたが、坐禅修行が3日も過ぎるとそれなりさまになっていく自分を感じることができるのです。
 当然ですが、私はお釈迦様のように悟りに至ることは死ぬまでできないのでしょう。でも今でも坐禅は続けています。精神の鍛錬でもあり、心身の育成にもなり、良い気が宿ります。そのおかげか忙しくなった私は、今年の臘八大接心の行(ぎょう)に行けそうにありません。困っています。
(石材店経営)


2018年12月03日月曜日


先頭に戻る