宮城のニュース

宮城・大崎でプラケースなど焼ける 放火の疑いで捜査

壁などが焼けた住宅=3日午前1時15分ごろ

 3日午前0時40分ごろ、宮城県大崎市古川中里3丁目、警備員佐々木晃さん(62)方に接するごみ集積場から出火、集積用プラスチックケース10個が燃え、木造平屋の住宅の壁などが焼けた。
 現場に火の気はなく、不審者の目撃情報などもあり、古川署は放火の可能性があるとみて調べている。現場は8〜10月に6件の不審火が相次いだ稲葉地区と1キロほどの住宅街。同署は関連についても調べる。


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月04日火曜日


先頭に戻る