宮城のニュース

サン・ファン号奴隷運搬の新説に・・・ 石巻市長「驚いている」

サン・ファン・バウティスタ号

 石巻市の亀山紘市長は3日の定例記者会見で、慶長遣欧使節船「サン・ファン・バウティスタ号」が北米大陸に初上陸したアフリカ人奴隷の輸送に関わったとする米国の歴史家の説について「驚いている。(遣欧使節事業後に)さらに使われたことは歴史上価値がある」との認識を示した。
 県慶長使節船ミュージアム(石巻市)に設置され、老朽化に伴う解体が決まっている復元船の後継策に関し「太平洋を渡った後の歴史を考えると、実寸大で保存してほしいとの希望は強まった」と述べた。
 市内のプレハブ仮設住宅の敷地内で、2人が相次いで自殺したとみられる問題にも触れ「残念でならない。われわれも反省し、自死を防ぐ取り組みをしていかねばならない」と話した。
 市内の小中学校で提供された給食1食当たりの栄養量で、鉄分や食物繊維などの充足率が100%に達していなかったことも報告された。食材価格の高騰が理由。市は給食費の値上げを含め対応を検討する方針。


関連ページ: 宮城 社会

2018年12月04日火曜日


先頭に戻る