岩手のニュース

西武リーグV、花巻で報告 菊池雄星ら3選手がトークショー

トークショーに参加した西武の(左から)菊池、山川、外崎の3選手

 プロ野球西武の菊池雄星(岩手・花巻東高出)、山川穂高、外崎修汰(ともに富士大出)の3選手によるトークショーが2日、花巻市総合体育館であった。10年ぶりのリーグ優勝を果たした今季を振り返ったり、学生時代を送った花巻での思い出話に花を咲かせたりした。
 来季の大リーグ挑戦を表明している菊池選手は「(大リーグで)出るチャンスを得られるかもしれないだけで僕は幸せ。技術的にも人間的にも成長し、花巻の皆さんの思いを背負って頑張りたい」と意気込んだ。
 今季本塁打王に輝いた山川選手は本塁打を打つこつを聞かれ、「ヒットを打つ練習と本塁打を打つ練習は全く別。ボールの下をたたいてしっかりフライを打つ練習をすることが大切」とアドバイスした。
 花巻市若葉小3年の藤田幌大君(9)は「生で3人の声を聞けてうれしい。自分はヒットを打っていくタイプなので、練習を頑張りたい」と目を輝かせた。
 花巻市などでつくる花巻ベースボールフェスタ実行委員会の主催で、約3000人が来場。山川選手への「花巻市スポーツ栄光賞」の贈呈式も行われた。


2018年12月04日火曜日


先頭に戻る